2021年2月 メジャーアップデート予定!

 

 
2016年に「Works Mobile」という名称から開始した「LINE WORKS」のサービスも、
2021年の初めのアップデートで、アプリのバージョンが 3.0 を迎えることになりました。
更に進化するビジネス版LINE「LINE WORKS」は、これからも多くの現場で楽しい職場づくりをサポートしていきます。

新機能の追加も、既存機能の強化も

仕事をもっと効率的に行える機能や、継続するリモートワークで更に重要となるコミュニケーションをサポートする機能も強化!
詳細なアップデート内容は、コチラから!

サービスをご利用のお客様へ大切なお知らせ

1. 必須アップデートとなります。

2021年2月に予定しているv3.0の本アップデートは、新機能およびサービス全体の安定性を目的とし、一定期間後に必須アップデートとなります。
必須アップデートではPC版アプリではメンバーのログアウトが発生し、サービスのご利用には再度ログインが必要となりますのでご注意ください。モバイル版アプリおよびブラウザ版では、アップデート操作実施後もログイン状態は維持されます。

2. 通話システムの変更を行ないます。

通話機能の品質と安定性の向上を目的とし、v3.0からは新しい通話システムを採用いたします。これに伴い、v3.0のアプリとv2.9.X以下のアプリでは通話を行なうことが出来ません。1:1および複数人でのグループ通話/ビデオ通話は、v3.0以上のメンバー間(またはv2.9.X以下のメンバー間)でのみ利用可能となりますのでご注意ください。

なお、Apple M1搭載端末では本アップデート以降も、1:1および複数人でのグループ通話/ビデオ通話機能はご利用になれませんのでご注意ください。

3. ブラウザ版のシステム要件が変更となります。

以前のお知らせの通り、本アップデートよりブラウザ版LINE WORKSのシステム要件が変更となります。現在のシステム要件に加えて、本アップデート以降のブラウザ版のシステム要件も再度ご確認ください。

Internet Explorer 10 本アップデートよりサポート対象外
Internet Explorer 11 2021年8月17日よりベストエフォート対応に変更
Microsoft Edge (Chromium版) 本アップデートよりシステム要件に追加
Google Chrome 従来通り最新版はシステム要件に含まれる
Firefox / Safari ベストエフォート対応
システム要件 弊社にて正常動作の確認を行なっており、お問い合わせ窓口等でもサービスの正常動作を前提としてサポートができる利用環境の基準です。
ベストエフォート対応 弊社で正常動作の保障は行なっておらず、お問い合わせ窓口等でもシステム要件を満たさない環境に起因する可能性がある場合はサポートが難しく修正等の提供は約束しない環境となります。
サポート対象外 弊社で動作確認が行なわれておらず、お問い合わせ窓口等でもサポートが提供できません。必要に応じて接続を遮断する場合があります。

[LINE WORKSのシステム要件]
[ブラウザ版LINE WORKS利用におけるシステム要件変更のお知らせ]

4. アドレス帳の構造改善を行ないます。

ビジネスツールとして、連絡先情報をより管理性、共有性の高いもにするため、アドレス帳の構造改善を行ないます。
従来のアドレス帳では、外部連絡先の情報を登録時に「マイアドレス帳」または「共有アドレス帳」を選択する仕様でしたが、今回からは全ての外部連絡先情報は「顧客/取引先」に登録され、各情報に対して公開範囲を設定し管理します。

また、「顧客/取引先」内での情報管理は、新しい機能「タグ」を各連絡先情報に付与して行ないます。従来の「マイアドレス帳」および「共有アドレス帳」内でのグループ分けは、アップデートリリース時に以下のように「タグ」に変換されますのでご注意ください。

※ 「マイアドレス帳」「共有アドレス帳」内で同名称のグループがある場合は、マイタグ/全社共用タグ名のいずれかに番号が付加されます。

LINE WORKSをはじめましょう!

まだLINE WORKSを使っていないという方は、
ぜひLINE WORKSを使ったグループコミュニケーションをはじめましょう!