卸売・小売業

卸売・小売業

効率的に店舗を

運営するコツ

こんな悩みは
ありませんか?

勤務状況の共有

遅刻連絡、シフト変更の依頼や
急な打ち合せの調整が困難です。

情報周知の徹底

本社から共有される重要な情報が
うまく展開できません。

顧客とのつながり

来店されたお客様とのつながりを
維持できません。

LINE WORKSを
活用すれば
そのお悩み、
解決できます。

スタッフの業務
環境改善が顧客満足に
つながります。
顧客体験は応対するスタッフから始まります。
より良いサービス提供のためには
最適なスタッフ配置による業務
遂行が必須です。
カレンダーで予定の見える化や、トークでの臨機応変な体制
変更をすることで、より良い業務環境を作り出し、顧客への体験を向上させます。

quo  各人の希望を手書きで転記しながらまとめていた頃と比べて、シフト調整に要する時間が週平均5~8時間、多いときで月40時間ほど短縮されています。回答が遅いスタッフへの再通知も手軽にできるようになり、業務負荷が大幅に軽減しました。 また、突発的に出勤できなくなったスタッフが、代わりに勤務できるスタッフを探したりする際に活用されています。quo

コンビニ事業部 部長
勝屋 勇太さん
効率的な情報共有で
ビジネスを
さらに伸ばしましょう。
担当者の入れ替わりが多い業務では、業務把握のための情報共有は
スムーズに、かつ迅速に行う必要があります。 各種情報や業務マニュアルをホームに掲載して、スタッフは誰でもいつでも確認できるように共有してみましょう。 また、最新業界ニュースや優秀店舗の運営ノウハウなど、店舗間で情報共有することで、売り上げアップにも寄与します。

quo 一番のメリットは投稿が残り、後からでも振り返れることです。たとえば、メディア掲載のお知らせや売店の新商品紹介、LINE WORKSの使い方のルールなどを発信し、スタッフがどのような情報に関心があるかを見ています。一番、既読率が高く速いのはお客さまの口コミの共有です。昔は回覧や紙の掲示物として出していたのですが、LINE WORKSだと写真を貼ればよいので即時性を担保できます。 quo

専務取締役
杉山 慎吾さん
顧客との持続的な
関係はビジネスの成功に
つながります。
LINE WORKSはLINEを使っている顧客とつながることができます。
イベントやセールの情報をダイレクトに顧客のLINEに配信したり、顧客の問い合わせにトークでリアルタイムに対応することができます。
持続的なつながりが顧客ロイヤルティを高め、売り上げアップに貢献することでしょう。

quo   LINE WORKSの「LINE連携機能」を使って、お客様のLINEとトークでやり取りをしています。商談の際、「これから車を提案していくにあたって会社公式のLINE WORKSを使ってもいいですか」と聞くと、多くのお客様が快諾してLINEのアカウントを交換してくださいます。LINEならその場で確認できてすぐに返信できるので、スピーディにお客様とやり取りができます。成約までのご相談の他に、アフターフォローでのやり取りも増えてきました。quo

株式会社IDOM
佐藤彩香さん

前の投稿

次の投稿

LINE WORKSを
ご利用中のお客様

関連情報

株式会社桧家ホールディングス
「LINE連携機能」を使って、LINEでお客様コミュニケーションをとるようになり、とても便利になったという感想をいただいています。
LINEとLINE WORKS間でグループチャットができることの意義
国内で7000万人以上の月間アクティブユーザーがいるLINEでお客様にコンタクトを取れるというのは、競合他社との差別化の点でも大きな武器になります。
LINE連動による新規顧客の獲得
電話やメールよりもハードルが低いので、お問い合わせの数が増える効果が期待できます。

LINE WORKSはビジネスの成長につながる
様々な機能をご提供します。