非営利団体

非営利団体
(NPO法人、ボランティア団体、PTA など)

情報共有とコミュニケーションを円滑にし
組織を活性化する

こんなお悩みは
ありませんか?

ツール利用の定着

所属メンバーのITスキルに差があり、導入したツールの利用が定着しない。

プライベートとの使い分け

プライベートなコミュニケーションツールの利用に抵抗があったり、管理者が情報を把握しきれない。

発信情報の確認状況管理

メモやメールで情報共有をしても、
読まれているか確認できない。

LINE WORKSを
活用すれば
そのお悩み、
解決できます。

ICTツールに疎いメンバーにも使いやすく、スムーズにツールが定着します。
ITツールを導入しても管理者への問い合わせが膨大に発生したり、利用が定着しないことが課題となるケースがあります。誰でも簡単に操作できる画面なら、無理なく組織内で普及ができます。

quo やはりLINE WORKSはとっつきやすいようで、過去に利用したどのコミュニケーションツールよりもスムーズに定着しました。quo

金沢市立大徳小学校 育友会
瀬戸 雄規さん

プライベートと線引きされる、
活動専用ツールとして実名表示でも運用できます。
プライベート用のSNSなどのツールを活動に利用することに抵抗があったり、ニックネームやアイコンだけだと誰だかわからない、管理者が情報のやりとりを管理しきれない、などの課題はありませんか? 管理画面から簡単に環境設定ができ、トーク(チャット)などのログの確認も可能です。

quo  「事務局の用意するオフィシャルのコミュニケーションツールなら安心して使えそう」というメンバーの声が多かったことから導入を決定しました。利用は若者会議の活動に限り、プライベートな連絡には使わないルールを定め、管理者がトークログを監視できることをメンバーに伝えた上で運用を開始しました。 quo

伊賀市企画振興部 総合政策課

大山 隆徳さん

発信した情報が確認されているか、個人単位で確認ができます。

メールが届いたかの確認をしたり、個別に電話をかけて同じことを伝えていると、多大な労力がかかってしまいます。

トーク(チャット)で既読の確認をすれば、個別対応は未読者のみとなり、効率的です。

quo  グループトークごとへの一斉送信は送る側の手間が省けますし、情報の受けて側も、パソコンだけでなくスマホでも情報を見ることができるので、休憩時間に気軽に確認することができるようになりましたね。 個人単位でトークの既読確認ができる点は本当に大きな問題解決となりました。未読者のみに個別連絡ができるので、連絡の効率化が実現して運営がすごく楽になりました。quo

全国選抜高校テニス大会実行委員会チーフアドバイザー

宮崎 愛枝代さん

前の投稿

次の投稿

LINE WORKSを
ご利用中のお客様

関連情報

非営利団体向け特別プラン提供キャンペーン
フリープランの機能を一部アップデートした、特別プランを期間限定で提供いたします!
デモ体験で理解する、はじめてのLINE WORKSオンラインセミナー
サービスや機能を、デモ環境を使いながらご紹介いたします。
勝田台小学校
LINE WORKSで成し遂げた改革。昭和だったPTAに新しい風を吹き込みました。

さまざまな職種の方々で構成される非営利団体の
コミュニケーションを円滑にします。