埼玉県加須市の農業法人 中森農産が「LINE WORKS」を導入

スムーズな情報共有を実現し、農業に関するナレッジの蓄積に活用

2022.04.12 Works Mobile Japan

ビジネス現場のコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福山 耕介、以下 ワークスモバイルジャパン)は、業務用米、麦、大豆などの穀類を生産・販売している農業法人、中森農産株式会社(本社:埼玉県加須市、代表取締役:中森 剛志、以下 中森農産)が「LINE WORKS」を導入したことをお知らせいたします。

埼玉県加須市内に複数の農地を保有する中森農産は、各農地にいるスタッフどうしが情報共有を行う手段として、プライベートSNSを活用していました。しかし、連絡がプライベートのやりとりに埋もれがちになる、トークルームにさまざまな話題が混在し重要な連絡を見逃してしまうなどの課題があり、スタッフ間のスムーズな情報共有が困難な状態でした。これらの課題の解決に向け、中森農産では業務用チャットツールの導入を検討し、この度の「LINE WORKS」の導入に至りました。

中森産業での「LINE WORKS」導入効果
テーマごとにトークグループを設置し、情報共有の課題を解決
「業務連絡」「日報」「雑談」「安全管理」「5S」「在庫管理」などのトークグループを作成し、テーマ毎にわかりやすく情報共有を行える環境を構築。重要な連絡を見逃すリスクの軽減につながっています。

「ノート」機能や「掲示板」機能を、農業に関するナレッジの蓄積に活用
現場で汚れてしまう農機の操作説明書などの紙の書類は、PDFにして「ノート」に保存することで、スマートフォンでいつでもどこでも確認できるようになりました。その他、業務全般に関するFAQは「掲示板」に投稿するなど、農業に関するナレッジの蓄積に活用されています。

頻繁に使うサービスのメニューアイコンボタンを「LINE WORKS」上に配置しスピーディにアクセス、時報Botを作成し、安否確認にも活用
勤怠打刻、事件報告、乗車前点検など、よく使うサービスへのリンクボタンを「LINE WORKS」のその他のメニュー内に配置し集約し、多様なツールにアクセスできるプラットフォームとして活用されています。※1
また、農作業中に発生する事故への注意喚起や安否確認のため、「LINE WORKS」のAPIで「時報Bot」を作成。定時になると「休憩を取りましょう」といったメッセージを全従業員に自動送信しています。メッセージの未読既読を管理者が確認することで、スタッフの安否確認にもつながっています。
※1:オリジナルアイコンによるメニューの設置は、「LINE WORKS」の管理画面で設定が可能です。

左:頻繁に使うサービスのメニューアイコンボタンを配置しスピーディにアクセス

右:APIを活用し、時報Botを作成。定時に時報Botがトークメッセージを自動送信して安全意識を促す。既読機能により、単独で現場にいる従業員の安否も確認できる

 

アプリディレクトリの「Amazonビジネス」

法人向けの購買専門サイト「Amazonビジネス」と「LINE WORKS」の連携機能を利用して、購買業務も省力化しました。これまで、農業用機械のパーツや日用雑貨などは各スタッフが購入していましたが、買い出しの工数がかかる上、立て替え金の清算も必要でした。現在は全スタッフに権限を付与し「LINE WORKS」から直接「Amazonビジネス」で必要な物品を注文できるようになっています。購買時には、購入者が承認者を選択し、承認者の「LINE WORKS」に承認依頼の通知が届くため、承認が一人に集中する事による負担の軽減や発注ミスの防止にもつながっています。

承認者側のAmazonビジネスのトーク画面

ワークスモバイルジャパン株式会社WEBサイトにおいて、中森産業株式会社へのインタビューを掲載しております。
URL:https://line.worksmobile.com/jp/cases/nai-organic/

ワークスモバイルジャパンは、企業におけるコミュニケーションやビジネスシーンでの情報共有を円滑にし、業務効率向上に貢献する取り組みを進めてまいります。

「LINE WORKS」とは
チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えたビジネスチャットです。コミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさを保ちながら独自に開発・提供を行っており、ユーザーの教育も最小限に導入したその日から誰でもすぐに使えます。PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗などPCを使う時間の少ない「現場」での活用が進んでいます。無料版、有料版(スタンダード・アドバンスト)があり、無料でもほとんどの基本機能を使うことができ、顧客や取引先など社外とのやりとりにも活用していただけます。
富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2018〜2021年版」では、2017年度~2020年度まで4年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。

会社概要
社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F​
設立:2015年6月
代表者:代表取締役社長 福山 耕介
資本金:55億2,000万円
URL:https://line.worksmobile.com/jp/

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。