「LINE WORKS」メジャーアップデートリリース 「LINE WORKSでできること、ブラッシュアップ」をコンセプトに機能を強化

2022.01.20 Works Mobile Japan

ビジネス現場のコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福山 耕介、以下 ワークスモバイルジャパン)は、新たに「LINE WORKS」のバージョン3.3をリリースしたことをお知らせいたします。

今回のメジャーアップデートでは、「LINE WORKSでできること、ブラッシュアップ」をコンセプトに、利用がますます広がっているビデオ通話機能の強化や、企業や団体などはたらく組織に合わせて自分の勤務状態などを表示できる「ステータス」のカスタマイズ、アンケート機能の改善など、より使いやすく多様な働きかたを後押しする機能追加および改善を行ないました。

「LINE WORKS」バージョン3.3の主な特長は以下の3つです。

  • ・ステータスのカスタム機能と自動応答メッセージの適用範囲の拡張
  • ・音声・ビデオ通話においてモバイルでの画面共有(iOSのみ)、通訳者機能が追加に
  • ・カレンダーでのアクセス性向上、設備の空き状況が一目で確認可能に

 

「LINE WORKS」バージョン3.3の主な特長

1.多様化する働き方をサポート:ステータスのカスタム機能と自動応答メッセージの適用範囲の拡張で、はたらく仲間の状況もすぐに把握

従来の「LINE WORKS」マイプロフィール画面では、「離席中」「不在」などのステータスが設定可能でしたが、これらの既存の4種類のステータスの他に、追加で6種類(合計10種類)のステータスを企業の業態やポリシーに合わせてカスタム、追加ができるようになりました。

出社と在宅のハイブリッド勤務を導入していたり、勤務場所が多拠点にわたる場合でも、アイコンを確認するだけではたらくメンバーどうしの予定や状況の把握がすぐにできます。

さらに、これまで不在時などに設定する自動応答メッセージが、LINEユーザーとの1:1のトークルームのみの機能から社内メンバーとの1:1のトークルームでも利用できるようになり、ステータスと組み合わせることでさらに予定の把握が簡便になりました。

2.音声/ビデオ通話機能がさらに進化:モバイルからの画面共有、通訳者機能の追加で海外とのビデオ会議がよりスムーズに

  • モバイルからの画面共有( iOSのみ)

ビデオ通話機能においてモバイルからの画面共有が可能になりました。モバイルで撮影した写真の確認や、複数名での動画視聴など、PCがなくてもさらに使い方の幅が拡がります。なお、モバイルからの画面共有機能はiOSのみの提供となります。

通訳者機能
また、通訳が入るミーティングに対応するため、通訳者機能の提供を開始いたしました。ミーティングリンク(ビデオ会議用のURL)を作成する際に、通訳者機能の利用有無を選択し、通訳者と希望言語を選択すると、参加メンバーは自分の言語のみを視聴することができ、会議に集中して参加できます。

3.”今”の顧客ニーズに応える機能改善:設備の空き状況がひと目で確認できるようアクセス性を向上

カレンダーの「設備」では、会議室に限らず業務で使用する様々な設備や備品を登録し管理することが可能です。モバイルでも設備の空き状況をひと目で確認できる画面が欲しいというリクエストにお応えし、アクセス性を向上させ、設備管理機能がより使いやすくなりました。モバイル版のカレンダートップ画面に「設備の予約」ビューが新たに追加され、目的の設備にすぐアクセスすることができ、予約状況を一覧で確認することが可能になりました。新しい設備予約の利用方法についてはワークスモバイルジャパン株式会社WEBサイトに掲載しております。
URL:https://line.worksmobile.com/jp/blog/use-cases/use-case-resource/

「LINE WORKS」バージョン3.3では、このほかUIおよび既存機能の改善を盛り込んでいます。こちらも詳細はワークスモバイルジャパン株式会社WEBサイトに掲載しております。
URL:https://line.worksmobile.com/jp/blog/product/update202201info/

これからもワークスモバイルジャパンは、働き方の変化を支え、社内外のコミュニケーションをさらに活性化し、仕事がはかどるサービスを目指してまいります。

「LINE WORKS」とは
チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えたビジネスチャットです。コミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさでありながら、仕事用のツールとして独自に開発、提供を行っています。PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗など、現場での活用が進んでいます。
富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2018〜2021年版」では、2017年度~2020年度まで4年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。

会社概要
社名 :ワークスモバイルジャパン株式会社
本社 :東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F​
設立 :2015年6月
代表者:代表取締役社長 福山耕介
資本金:55億2,000万円
URL :https://line.worksmobile.com/jp/

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。