ワークスモバイルジャパン、 「LINE WORKS」から宅急便を送る新アプリの実証実験開始 会社以外からの配送手続きを円滑化、2022年5月正式提供を目指す

2022.01.20 Works Mobile Japan

ビジネス現場のコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福山 耕介、以下 ワークスモバイルジャパン)は、ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾 裕、以下 ヤマト運輸)が提供する宅急便を、「LINE WORKS」上から手配できる新たなアプリ「宅急便を送る」の実装に向けた実証実験を2022年3月より開始することをお知らせいたします。

昨今、新型コロナウイルス感染症の拡大の影響から、在宅勤務を推奨する企業が増加しました。新アプリ「宅急便を送る」は、このような新たな働き方の変化にも対応するもので、自宅やイベント会場など会社以外から荷物を発送する際、「LINE WORKS」上で配送手続きが行えるようになるアプリケーションです。

2022年3月にベータ版の提供開始、2022年5月頃に正式に提供開始を予定しています。

宅急便を送る」アプリの特長
(1)「LINE WORKS」上で送り状の作成が可能に
「LINE WORKS」上でお届け先などの送り状情報を入力すると専用のQRコードが発行されます。荷物と一緒に近くのコンビニに持ち込むだけで簡単に発送することができます。

(2)配送時における経費の立て替えを不要に
配送費用は自動で会社に請求されるため、配送費用の立て替えや経費精算の手間がかかりません。

2022年5月頃の正式提供開始に向け、「LINE WORKS」のトークでの集荷依頼機能や配送状況の通知機能、自宅から発送をする際に安心の匿名配送機能など、様々なアップデートを検討しています。

検討しているアップデート内容:「LINE WORKS」のトークでの集荷依頼機能や配送状況の通知機能

紹介動画
2022年1月20日(木)に開催した「2022 LINE WORKS DAY」において、本アプリについて紹介しております。
https://line.worksmobile.com/jp/landing/2022-line-works-day/

写真右:ヤマト運輸株式会社 EC事業本部 ゼネラルマネージャー 中西 優 様
写真左:ワークスモバイルジャパン株式会社 マーケティング本部 本部長 増田 隆一

今後も、ワークスモバイルジャパンは、働く人たちにとって必要とされるサービスを目指し、利便性向上や業務効率化につながる開発を推進してまいります。

「LINE WORKS」とは
チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えたビジネスチャットです。コミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさでありながら、仕事用のツールとして独自に開発、提供を行っています。PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗など、現場での活用が進んでいます。
富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2018〜2021年版」では、2017年度~2020年度まで4年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。

会社概要
社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F​
設立:2015年6月
代表者:代表取締役社長 福山耕介
資本金:55億2,000万円
URL:https://line.worksmobile.com/jp/

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。