複合福祉施設を運営する社会福祉法人 善光会、 介護スタッフ約100名に「LINE WORKS」導入 グループ通話とワイヤレスヘッドセットの併用で情報共有を円滑化し、業務効率向上を実現

2021.07.20 Works Mobile Japan

ビジネス現場のコミュニケーションツール「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:福山 耕介、以下 ワークスモバイルジャパン)は、複合福祉施設「サンタフェガーデンヒルズ」を運営する社会福祉法人 善光会(本部:東京都太田区、理事長:梅田茂、以下 善光会)が「LINE WORKS」を導入したことをお知らせいたします。2018年5月から導入を開始し、現在は介護スタッフ約100名に導入されています。

善光会は、特別養護老人ホーム・介護老人保健施設・障害者支援施設・デイサービス・通所リハビリテーション等を併設した複合福祉施設「サンタフェガーデンヒルズ」をはじめ、複数の福祉施設を運営しています。※1これまで、介護スタッフ間の情報共有にはPHSを使用していましたが、1対1での通話のため、複数名への情報共有に時間がかかっていたほか、通話により片手を塞がれるため作業を中断しなければならないといった課題がありました。この課題解決に向け、善光会は、2018年5月に「LINE WORKS」を導入。「LINE WORKS」グループ通話機能の活用にあわせて、ワイヤレスヘッドセットを装着することで、現場での作業をしながら介護スタッフ間の情報共有が可能に。PHS使用時に比べ、情報共有にかかる時間を1日1人あたり15〜20分、3分の2〜半分程度削減できたことに加え、両手を塞ぐことなくコミュニケーションが可能となり、業務効率の大幅な向上を実現しています。また、コミュニケーションのハードルが下がることで、介護スタッフ間のコミュニケーション活性化にもつながっており、人手が足りない現場に応援を依頼するなど、業務に必要な相互フォローが行われやすい環境構築にもつながっています。仔細な情報が共有しやすくなったことで、OJTの時間も3分の2程度に減らすことができました。
※1:社会福祉法人 善光会Webサイト https://www.zenkoukai.jp/japanese/

■「チャットもできるスマホインカムで介護業務を効率化」に登壇いただきます
7月28日(水)に開催する介護・福祉事業従事者向けオンラインセミナー「チャットもできるスマホインカムで介護業務を効率化」にて、社会福祉法人善光会 理事 最高執行責任者 統括施設局長 特別養護老人ホームフロース東糀谷施設長 宮本隆史さまにご登壇いただきます。
※イベント詳細のご確認、ご参加のお申込みについては、下記のURLよりお願いいたします。
特設ページURL:https://pages.worksmobile.com/kaigo_income.html

ワークスモバイルジャパンは、企業におけるコミュニケーションやビジネスシーンでの情報共有を円滑にし、業務効率向上に貢献する取り組みを進めてまいります。

「LINE WORKS」とは
チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、現場で活用できる充実したグループウェア機能を揃えたビジネスチャットです。コミュニケーションアプリ「LINE」のような使いやすさでありながら、仕事用のツールとして独自に開発、提供を行っています。PCやタブレットのほか、スマートフォンだけでもほとんどの機能が使えるため、オフィスワークだけでなく、拠点や店舗など、現場での活用が進んでいます。
2020年9月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」※2では、3年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNO.1を獲得しました。
※2:出典 富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2020年版」

■会社概要
社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F
設立:2015年6月
代表者:代表取締役社長 福山 耕介
資本金:55億2,000万円
URL:https://line.worksmobile.com/jp/

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。