島根県の電気工事会社 高宮電気が「LINE WORKS」を導入 職人など外部パートナーにもIDを付与しグループ化することで情報共有を効率化 職人の働き方改善や社員の残業時間削減を実現

2020.05.28Works Mobile Japan

ビジネス版LINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒 豊、以下 ワークスモバイルジャパン)は、島根県で一般家庭の電気工事や住宅リフォーム工事などの事業を展開する株式会社高宮電気(本社:島根県松江市、代表者:高宮 智仁、以下 高宮電気)が「LINE WORKS」を導入したことをお知らせいたします。

電気工事は、複数の協力会社や職人と連絡を取り合い業務を進める必要があります。これまで、高宮電気では、工事受注後、個別の協力会社や職人など複数人に対し、電話を利用して工事内容の説明を繰り返し行う必要がありました。また、職人の中にはメールの利用が不得手な方も多く、現場写真を示しながら詳細な内容説明を行う場合はFAXを利用するほかなく、正確に現場の状況を伝達することに多大な手間がかかっていました。

この度の「LINE WORKS」導入で、高宮電気では、社員だけでなく協力会社、職人に対し「LINE WORKS」IDを発行。工事案件別に、協力会社、職人を含むグループを作り、「LINE WORKS」上で情報共有を行う仕組みを構築しました。これにより、個別に必要だった案件説明は不要となり、正確な現場写真の共有も可能となりました。

また、電気工事は、一つの作業工程が終わる毎に写真として記録する必要があります。これまでは、職人が作業終了後にデジタルカメラで撮影を行い、1日の業務終了後、対面でSDカードによる写真データの受け渡しを行っていました。導入後は、スマートフォンで撮影した写真データの受け渡しを「LINE WORKS」上で行うことで、職人は現場から直帰が可能となりました。高宮電気の社員も、データ受け取り、個別の電話連絡などの業務削減により、残業時間をなくすことができています。

その他、高宮電気では、勤怠管理に活用していたKING OF TIMEと「LINE WORKS」を連携し、勤怠管理に活用しています。これにより、トーク上で打刻ができるため打刻漏れが減少ししました。また、KING OF TIMEの勤怠の集計情報は、クラウド給与管理ソフトのマネーフォワード クラウド給与に取り込むことができます。日々の打刻から給与計算・給与明細の発行までが一気通貫になり、毎月の給与計算業務が大幅に改善されています。

ワークスモバイルジャパンは、企業のコミュニケーションや情報共有を円滑にし、業務効率向上に貢献する取り組みを進めてまいります。

※ワークスモバイルジャパン株式会社WEBサイトにおいて、インタビューを掲載しております。
https://line.worksmobile.com/jp/cases/tmdk/

「LINE WORKS」とは
チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用できる充実したグループウェア機能を揃えた「ビジネス版LINE」です。なじみのあるコミュニケーションアプリ「LINE」と同じ使い勝手のため、ユーザーの教育も必要なく、導入したその日から 誰でもすぐに使えます。2019年8月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」1では、2年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。
※1:出典 富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」

 

会社概要
社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F​
設立:2015年6月
代表者:代表取締役社長 石黒豊
資本金:55億2,000万円
URL:https://line.worksmobile.com/jp/
※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。