ワークスモバイルジャパン、信金ネットワーク支援プロジェクト 「つながろう!」を開始 全国の信用金庫による連携組織「よい仕事おこしネットワーク」と共に中小企業事業者からの情報拡散を支援

2020.05.01Works Mobile Japan

ビジネス版LINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒 豊、以下 ワークスモバイルジャパン)は、全国の信用金庫が連携して組織している「よい仕事おこしネットワーク」※1と共に多くの企業に協賛を呼びかけ、コロナウイルスの影響により支援を希望する中小企業事業者を応援するプロジェクト「つながろう!」を発足しましたことをお知らせいたします。

新型コロナウイルスの影響により、営業時間の短縮や売り上げの減少などにより今後の存続が危ぶまれている深刻な状態の事業者が数多くあります。また、こうした事業者の中には危機を乗り越えるためにテイクアウトや出張サービスなど新しいサービスを開始する動きも活発化していますが、こうした新しいサービスの情報が人々になかなか伝わらないという課題があります。さらに、サービスの利用者側では、外出することによる感染リスクへの不安が続いています。そうした状況の中で、地域のお店がどの様な形で営業しているかといった情報を取りまとめて発信し、消費者の皆様に広く認知していただく機会を提供し、地元の中小事業者を一緒に応援していただくための取り組みを開始します。

全国の信用金庫が連携して組織している「よい仕事おこしネットワーク」※1とビジネス版LINE「LINE WORKS」を運営しているワークスモバイルジャパンでは、多くの企業に協賛を呼びかけ、中小事業者の情報発信をサポートする支援プロジェクト「つながろう!」を開始します。この取り組みには、民間だけでなく公務員や金融機関、民間の有志とのネットワーク「ちいきん会」※2や「よんなな会」も協力します。「よい仕事おこしネットワーク」から飲食店などの対応状況を掲載したテイクアウト支援サイトが5月15日に公開予定です。その後協力会社からも随時情報発信を行ってまいります。

スタート時は飲食店やサービス業の掲載を東京都および神奈川県からはじめ、参加希望のある地域を随時追加していきます。農業などの第一次産業をはじめその他の業種も順次検討し掲載範囲を拡充する予定です。今後、協力各社および団体は自社の知見やリソースの提供、サービスの供給を通じて、「つながろう!」プロジェクトについての情報拡散や、中小事業者の経営存続の支援、利用者の利便性の向上等に「心意気」を持って取組んでまいります。

※1 よい仕事おこしフェア実行委員会が運営し、全国の信用金庫や行政、教育機関、マスコミ等が連携し企業等の抱える課題解決を目指す任意団体です。
※2 「ちいきん会」は、地域と金融との連携を目指し、金融庁(地域課題解決支援チーム)や地方の公務員や金融機関等の有志が中心となってネットワーク支援しています。「よんなな会」は、47都道府県の公務員や公官庁の職員同志を有機的につなげる活動を行っています。

【運営団体】

【協力企業・サービス・協力団体】

「つながろう!」プロジェクトのロゴは、はるかんぼ様にデザインを制作していただきました。

以上

LINE WORKS」とは
なじみのあるコミュニケーションアプリ「LINE」と同じ使い勝手のチャットやスタンプを筆頭に、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用できる充実したグループウェア機能を備えた「ビジネス版LINE」です。ITリテラシー問わず、ユーザーの教育も最小限に導入したその日から 誰でもすぐに使えるのが特長です。2019年8月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」※3では、2年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。
※3出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」

会社概要
社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F​
設立:2015年6月
資本金:55億2,000万円
代表者:代表取締役社長 石黒豊
URL:https://line.worksmobile.com/jp/

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。