大手ガス会社、全社員約5,000名に「LINE WORKS」を導入 試験導入で約9割が「業務効率が向上した」と回答 災害時復旧対応の更なる迅速化と業務効率の向上を目指す

2020.03.24Works Mobile Japan

ビジネス版LINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒 豊、以下 ワークスモバイルジャパン)は、大阪ガス株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:本荘武宏、以下 大阪ガス)が全社員約5,000名に対し「LINE WORKS」を導入することをお知らせいたします。

これまで、大阪ガスの社員間コミュニケーションはメールや電話を中心に行われていました。しかし、メールでは相手に情報が伝わっているかわからず、また電話では情報の正確な伝達が難しいといった課題が挙げられていました。

この度、大阪ガスは2020年夏を目途に「LINE WORKS」を導入し、スマートフォンを活用したコミュニケーション環境を整備します。「LINE WORKS」はメッセージの既読・未読がわかることから、相手に情報が伝達できているかを確認できるほか、現場で発生している問題をスマートフォンで写真撮影し、「LINE WORKS」を通じて情報共有することで、社員どうしの知識やノウハウを持ち寄り早期問題解決を図るなど、迅速かつ円滑に業務を遂行することが可能となります。さらに、「LINE WORKS」は、コミュニケーションアプリLINEと同じ操作感のため、ITツールの利用に不慣れな方も簡単に利用することが可能です。

「LINE WORKS」の導入にあたり、お客様のガス機器メンテナンスや都市ガス製造所での点検業務に従事する社員による試験運用を実施しました。試験運用後に実施したアンケートでは、約9割の社員が「(「LINE WORKS」により)業務効率が向上した」と回答しており、導入ハードルの低さや業務効率向上への有用性が認められました。

また、「LINE WORKS」がコミュニケーションアプリLINEとつながる唯一のビジネスチャットである特徴を活かし、災害発生時に社外協力要員と連携できるコミュニケーションツールとしての利用も期待されています。

今後は、Daigasグループ全体での導入や社外パートナーとのコミュニケーション活用も視野に入れ、社内外を「LINE WORKS」で連携し、グループ全体の業務効率の向上を目指していく予定です。

この度の導入に際し、大阪ガス株式会社 イノベーション本部 情報通信部長 門脇あつ子様よりコメントをいただいております。

大阪ガスは、お客さまの期待を超えるサービスを生み出すために、デジタルトランスフォーメーションの加速を推進しています。LINE WORKSの導入により、Daigasグループ内外でのコミュニケーションの活性化が実現されることを期待しています

今後も、ワークスモバイルジャパンは企業の業務効率向上に向けた取り組みを支援してまいります。 

「LINE WORKS」とは

チャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用できる充実した機能を揃えた「ビジネス版LINE」です。なじみのあるコミュニケーションアプリ「LINE」と同じ使い勝手のため、ユーザーの教育も必要なく、導入したその日から 誰でもすぐに使えます。2019年8月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」※1では、2年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。
※1出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」

会社概要
社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F​
設立:2015年6月
代表者:代表取締役社長 石黒豊
資本金:30億2,000万円
URL:https://line.worksmobile.com/jp/

※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。