パナソニック ホームズ、設計担当社員に対し「LINE WORKS」を導入 社員にかかる活動管理ツールへの入力負担をチャットボットで効率化

2020.02.26 WORKS MOBILE Japan

ビジネス版LINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒 豊、以下 ワークスモバイルジャパン)は、パナソニック ホームズ株式会社(本社:大阪府豊中市新千里西町1丁目1番4号、代表取締役社長:井上 二郎、以下 パナソニック ホームズ)が住宅設計担当社員に対し「LINE WORKS」を導入したことをお知らせいたします。

パナソニック ホームズでは、お客様満足向上のため、拠点設計者の日々の行動を把握・分析し、更なるお客様との接点強化に取り組んでいます。これまで、オンラインで共有できる社内ツールを用い活動管理を行っていましたが、活動内容登録のための入力負担や事務所外から登録出来ないこと、全国各拠点のデータ集約業務など、活動把握を阻害する課題があり、「いつでもどこでも簡単に活動登録・把握出来る環境」の実現を検討していました。

この度、ワークスモバイルジャパンは、「LINE WORKS」認定サービスパートナーとしてシステム開発を担うアイレット株式会社と共同でパナソニック ホームズ仕様のチャットボットを開発。「LINE WORKS」のトーク画面上に出てくるチャットボットからの質問に答えていくだけで活動内容が登録出来る仕組みを構築しました。

これにより、パナソニック ホームズの社員は、モバイルデバイスを活用して、場所・時間にとらわれることなく簡単に業務内容の入力が可能になります。一部の拠点で実施された導入実験では、LINEと同じ使い勝手のため社員への教育が必要なく即座に使えることに加え、「LINE WORKS」上で入力作業が完了することから、社員の負担が軽減する結果となりました。今後は、これらの負担軽減によって、より正確な活動管理を実現し、お客様一人ひとりのくらしへの想いをカタチにする活動につなげていくことが期待されています。

チャットボットからの質問に答えていくだけで活動管理ツールに活動内容が反映

 

今後も、ワークスモバイルジャパンは、「LINE WORKS」を活用した業務効率化を支援する取り組みを進めてまいります。

「LINE WORKS」とは
LINEおなじみのチャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用できる充実した機能を揃えた「ビジネス版LINE」です。なじみのあるLINEと同じ使い勝手のため、ユーザーの教育も必要なく、導入したその日から 誰でもすぐに使えます。2019年8月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」※1では、2年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。
※1出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」

会社概要
社名:ワークスモバイルジャパン株式会社
本社:東京都渋谷区神宮前1-5-8 神宮前タワービルディング11F​
設立:2015年6月
代表者:代表取締役社長 石黒豊
資本金:30億2,000万円
URL:https://line.worksmobile.com/jp/
※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。