京セラ、約6,000名に「LINE WORKS」を導入 社員間コミュニケーション効率を向上させ、業務効率改善を目指す

2019.11.12Works Mobile Japan

ビジネス版LINE「LINE WORKS」を提供するワークスモバイルジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:石黒豊、以下「ワークスモバイルジャパン」)は、京セラ株式会社(本社:京都府京都市、代表取締役社長:谷本 秀夫、以下「京セラ」)が、約6,000名の社員に「LINE WORKS」を導入したことをお知らせいたします。尚、本件は、「LINE WORKS」のセールス&サポートパートナーであるKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下、「KDDI」)により提供が行われます。

京セラでは、業務効率改善に向けたITツールの見直しを進める中、スマートフォンの有効活用に着手しており、一部の管理職、営業職、製造・設計部門、工場責任者など約6,000名を対象にスマートフォンを支給し、同時にスマートフォンを活用したメインコミュニケーションツールとして「LINE WORKS」を導入しました。社内コミュニケーションをチャット中心にすることで、場所や時間にとらわれない、スピーディかつ円滑なコミュニケーションを実現し、業務効率の改善を目指します。「LINE WORKS」は、LINEと同じような操作感で使うことができ、かつ企業が安心して利用できる高いセキュリティ性を備えています。

 

この度の導入に際し、京セラ株式会社 総務人事本部長 佐藤隆様よりコメントをいただいております。

これまで京セラでは、対面、メール、電話を中心とした社内コミュニケーションを行っていましたが、一部の職種や部門では、即時の応対ができず、業務が滞る等の課題がありました。そこでスマートフォンを社員に支給し、それをより有効に活用する目的で「LINE WORKS」を導入いたしました。導入により、さらに業務効率の改善につながることを期待します。

 

今後もワークスモバイルジャパンは、セールス&サポートパートナーであるKDDIと共に、企業の業務効率改善に向けた取り組みを進めてまいります。

「LINE WORKS」とは

LINEおなじみのチャットやスタンプはもちろん、掲示板、カレンダー、アドレス帳、アンケートなど、仕事で活用できる充実した機能を揃えた「ビジネス版LINE」です。なじみのあるLINEと同じ使い勝手のため、ユーザーの教育も必要なく、導入したその日から 誰でもすぐに使えます。2019年8月に発表された「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」※1では、2年連続で有料ビジネスチャット国内シェアNo.1を獲得しました。

※1出典:富士キメラ総研「ソフトウェアビジネス新市場2019年版」