利用ガイド

LINE WORKSの使い方や活用ノウハウをご紹介します。各記事は印刷してご活用いただけます。

メーリングリストで外部にメール送信

お客様向けのメールマガジン、ニュースレターなどメールの一斉配信に利用する専用メールアドレスをLINE WORKSでは簡単に「メーリングリスト」として作成できます。

 

 

メーリングリストとは

LINE WORKSのメーリングリストは、会社組織(部署)またはグループのメンバーに一斉配信できるメールアドレスを示します。
管理者が組織またはグループを作成すると、メーリングリストが自動的に生成されます。また、メンバーごとにメーリングリストによるメール送受信の有無を選択できます。

[Tips]

グループの場合はグループ作成時に、メーリングリスト機能を有効にする必要があります。
管理者またはグループマスターは[グループ追加]画面[利用する機能]で、メーリングリストの[有効にする]をオンにしてください。

 

 

メーリングリストを使ってメールを送信

メーリングリストでメールを送信するには、管理者またはグループマスターが送信用アドレスとして使用できるように設定されている必要があります。

 

メーリングリストの送信権限を付与されたメンバーは、メール作成時に[From]のメールアドレスをプルダウンすると、組織またはグループのメーリングリストを選択できます。
このメーリングリストを送信元として、メールを送信することができます。送信者の名前は組織名またはグループ名に自動的に切り替わります。

 

 

メーリングリストからメールを送信すると、自動的に送信元に設定されたメーリングリストがBCCに入ります。そのため、メーリングリストに含まれるメンバー全員に同じメールが送信されます。
メーリングリストのメンバーが受信すると、BCCに自分のメールアドレスが含まれています。

 

 

 

メーリングリストによるメール送信の許可

メンバーに対してメーリングリストの送信を許可する場合、組織は管理者、グループは管理者またはグループマスターが該当メンバーを指定して設定します。

[注意]

メーリングリストでメールを送信したが、相手から返信を受信できない場合

メーリングリストで送信した相手からメールを受信できないときは、組織またはグループの設定で以下を確認してください。

 

  • [外部メールをブロック]がチェックされているか
    チェックされている場合は、同じ会社ドメインではない外部からのメールを受信できません。つまり、メーリングリストを受信した外部ユーザーから返信できないことになります。
  • [許可したメンバーからのみ受信]がチェックされているか
    チェックされている場合、指定したメンバーのみメーリングリスト宛にメールを送信できます。つまり、指定したメンバー以外からのメールを受信できません。
    (指定されなかったメンバーがメーリングリスト宛にメールを送信すると「失敗しました」と表示されメールが戻ります。)