利用ガイド

LINE WORKSの使い方や活用ノウハウをご紹介します。各記事は印刷してご活用いただけます。

公開カレンダーを使ってイベントやセミナーなどの予定を全メンバーに公開する

LINE WORKSカレンダーの公開カレンダーを使いイベントやセミナーの予定を全メンバーと共有する

 

例えば、社内のイベントやセミナーの予定を全スタッフと共有したい場合、ホーム機能を使って掲示板に通知することもできますが、LINE WORKSカレンダーの公開カレンダー機能を使うと便利です。

公開カレンダーは、作成したカレンダーを不特定多数のメンバーと共有するための機能です。

 

カレンダーを公開すると、社内の同じLINE WORKSユーザーであれば、誰でも自由に公開されたカレンダーの予定を確認することができます。また公開カレンダーを購読することで、カレンダーに登録された予定の更新情報を受け取ることもできます。

イベントやセミナー専用のカレンダーを作って公開すれば、社内のメンバーは誰でも、いつでもイベントやセミナーの予定を確認することができて便利です。

 

1. カレンダーの公開URLを作成してメンバーと共有します

作成したカレンダーを公開するには、詳細表示画面から公開設定を行います。カレンダーリストから公開するカレンダー名の右側にある矢印マークをクリックして、メニューを表示し、「詳細設定表示」を選択します。表示された詳細表示画面の公開設定で[公開URL作成]をクリックすると、カレンダーに固有の公開用URLが作成されます。
(カレンダーの公開設定画面へは、[環境設定]>[予定設定]>[カレンダーリスト]から公開するカレンダー名のリンクをクリックしても移動できます。)cms_0043-02

作成された公開用のURLは、[URLをコピー]ボタンをクリックしてコピーすることができます。コピーした公開カレンダーのURLをトークやホームなどを使ってメンバーに通知しましょう。メンバーは、URLをクリックすることで公開カレンダーに登録された予定を確認できます。

[TIPS]
公開カレンダーのURLを、LINE WORKS ホームの掲示板を使ってメンバーと共有すると便利です。投稿の本文にURLをリンクとして挿入して掲示板に投稿すれば、メンバーは本文内に記載されたリンクをクリック(またはタップ)することで、公開カレンダーにアクセスすることができます。

cms_0043-03

また、公開カレンダーに登録されている予定で、気になる予定や重要な予定は、予定のタイトルをクリックすると表示される詳細内容で[マイカレンダーに予定を追加]をクリックすることで、自分のカレンダーに登録することができます。cms_0043-04

2. 公開カレンダーを「購読」して常に最新の予定を確認する

公開カレンダーを「購読」すると、自分のカレンダーリストから常に公開カレンダーの予定を確認することができるようになります。公開カレンダー左上にある[購読]をクリックすると、カレンダーリストに購読したカレンダーが追加されます。
よく使う公開カレンダーは購読して、カレンダーリストに追加しておけば、自分のカレンダーで公開カレンダーの予定を常に確認できるようになります。尚、公開カレンダーの購読は、購読が許可されている公開カレンダーのみ可能です。cms_0043-05cms_0043-06

 

LINE WORKSの公開カレンダー機能を使って、社内イベントやセミナーの開催情報を共有して、日々の業務をより便利に、そしてより効率的な形に変えていきましょう!