利用ガイド

LINE WORKSの使い方や活用ノウハウをご紹介します。各記事は印刷してご活用いただけます。

事前通知で徹底したスケジュール管理を実現

カレンダーに予定を入れたままで、予定があることを忘れていた。日に何度もカレンダーを確認して、午後の予定、明日の予定、来週の予定をチェックしている。このような経験はありませんか?

 

すべてのスケジュールを頭の中に記憶しておき、備えるのは簡単ではありません。
LINE WORKSのカレンダーでは、スケジュールを覚えていなくても事前にきちんと把握できるように、通知機能を備えています。
ある予定について、プッシュとメールの2種類の通知を好きな時間に設定することで、カレンダーを開かなくても、あなたの秘書のように登録された予定を事前に知らせてくれます。
通知の設定方法について詳しく見てみましょう。

 

1. カレンダーに通知を設定する

新しくカレンダーを作成する時、または既存カレンダーの設定画面を開いて、そのカレンダーで予定を作成する際にデフォルトで設定される通知を設定しておくことができます。
デフォルトの通知設定を行うと、予定の事前通知を都度設定する必要はありません。
あらかじめ設定をしておき、手軽に予定の事前通知を受け取りましょう。

 

2. 予定作成時に個別に通知を設定する

カレンダーに設定されたデフォルトの通知とは別に、特定の予定にのみ個別に通知を設定したいという時もあるでしょう。
LINE WORKSでは基本的にデフォルト通知の設定が適用されますが、予定の新規作成時や修正時に、個別に通知を設定することもできます。
また通知を受け取りたくない場合には、設定された通知を削除することで事前通知を受け取らないようにすることもできます。

 

予定にpush通知、メール通知を設定すると、以下のように表示されます。

cms_blog_0031_003

 

仕事をもっとスマートにしてくれるLINE WORKSカレンダーを使ってみましょう。

有能な秘書のようにあなたのスケジュールを完璧に管理してくれるはずです。