利用ガイド

LINE WORKSの使い方や活用ノウハウをご紹介します。各記事は印刷してご活用いただけます。

管理者権限の設定

LINE WORKSでは、管理者権限のテンプレートを作成することで管理者の役割によってアクセスする管理者画面のメニューを設定できます。

 

デフォルトで設定されている管理者権限は、最高管理者、副管理者、IT管理者、人事管理者の4種類です。最高管理者と副管理者は管理者画面のすべてのメニューにアクセスでき、IT管理者はサービスの利用やセキュリティに関する設定、人事管理者は組織やメンバーに関するメニューへのアクセス権が付与されています。

デフォルトで提供される管理者権限でアクセスできるメニュー

  • 最高管理者、副管理者
    管理者画面のすべてのメニュー
  • IT管理者
    基本設定、サービス、セキュリティ
  • 人事管理者
    基本設定、メンバー

 

そして、それぞれの運用フローやポリシーに基き、新たな管理者権限を作成できます。以降で管理者権限を作成、修正、削除する方法をご説明します。

 

 

1. 管理者権限の作成

管理者権限の作成は、管理者画面を開き、[メンバー] > [管理者権限] で行います。管理者権限リスト上部の[権限の作成]から新しい管理者権限を追加できます。

権限作成画面で権限名を入力し、その権限を付与されたメンバーがアクセスできる管理者画面内の機能を選択して[権限を作成する]を押すと新しい権限が追加されます。

※ 契約プランにより、選択可能なメニューが異なることがあります。

 

 

2. 権限の管理

(1) 権限の表示

デフォルトで提供される「最高管理者、副管理者、IT管理者、人事管理者」の権限は修正や削除ができません。各権限名の横に並ぶ[権限の表示]を押すと、各権限を付与されたメンバーが利用できるメニューを確認できます。

 

(2) 権限の付与

管理者権限リストで権限名を押すと、その権限を付与されたメンバーのリストが表示されます。リスト右上の[権限の付与]内にある検索ボックス内にメンバーの名前またはメールアドレスを入力して選択するとメンバーが追加され、[権限を付与する]を押すとメンバーに権限が付与されます。間違って追加してしまった場合は名前の右側にある[x]を押してください。

 

(3) 権限の修正・削除

後から追加した管理者権限は、修正/削除が可能です。修正したい管理者権限名の右側にある[権限の修正]をクリックすると、権限設定画面が表示されます。権限名やアクセス可能なメニューを編集することができます。同じ画面の[権限の削除]をクリックすると削除されます。

削除すると権限を付与されていたメンバーは管理者画面へのアクセス権がなくなります。一度削除すると同じ内容を復元できないため、削除する際はご注意ください。

 

こちらから管理者権限を設定してみましょう。