「働き方改革」しっくり来てますか?

カテゴリー: 働き方改革

働き方改革の本質は生産性向上だというけれど、じゃあ何をすればいいの?
という方のヒントになればという思いで、今回の記事は書いてます。

 

日本の生産性が低い!だから「働き方改革」?

日本企業の生産性は(海外に比べて)きわめて低い!

ホワイトカラーの生産性向上が大事だ!

業界的に、サービス産業の生産性が低い!

 

生産性というキーワードで新聞や雑誌によく出てくるのは、こんなフレーズです。

マクロで見れば、確かにそのとおりでして、OECD加盟国の中で日本は21位、G7(アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、カナダ、日本)の中では過去22年間ずっと最下位です。*1

イタリアより低いんですよ、ちょっと驚きですよね。

そして、日本のGDPの7割以上を占めるサービス産業の生産性は、アメリカを100とすると 50.7 となっています。*2

Industry-Productivity

*1 「労働生産性の国際比較」公益財団法人日本生産性本部
*2 「産業別労働生産性水準の国際比較」 滝澤美帆 東洋大学教授

 

 

ですが、そんなこと言われても、

で?

と思いませんか?

「だから働き方改革が必要だ」

と言われても

「それ、ウチの会社、自分の仕事と、どういう関係があるの?」

と思いませんか?

政府やマスコミから出てくるメッセージはすごく偏っていて、働き方改革関連法案の話、特に「残業時間の上限規制と違反時の罰則」や「高度プロフェッショナル制度」、「同一労働同一賃金」の話ばかり。

本当に知りたいことは、法案や制度の話ですか?

いやいや、その前に全体像を知りたいんだ、という方はこちらをどうぞ

 

通勤風景

 

「働き方改革」の目的とは

そもそも「働き方改革」の目的は何でしょう?
労働時間(要は残業)の削減ですか?
ワークライフバランスの向上ですか?

前者は手段、後者は結果だと思います。

私は「働き方改革」の目的は、こういうことだと考えています。

企業としての持続性を維持しながら、利益ある成長を実現する

 

平たく言うと、

働き手は減るけど、お客様の要求はどんどん上がっていく。
このまま放っておいたら、仕事が回らなくなるのは分かってる。
でも、労働時間を減らしたところで、お客様の要求が下がるわけじゃない。
むしろ競合に負けてしまう。
じゃあ、どうすればいいんだ?

という難しい問題の答えを出さないといけない、ということだと思います。

 

この答えはそう簡単に出せるはずもなく、どこから手を付けるかを考えるだけでも、気が滅入りそうです。
そろそろ「働き方改革疲れ」というキーワードが出てくるんじゃないかと思ってます。

 

それくらい、このキーワードは壮大なテーマを含んでいます。

もちろん、社内でプロジェクトやタスクフォースを立ち上げて、担当メンバーが全体像を検討できるような大企業であれば、苦労はあるものの、進めることはできると思います。

また、今ならいくらでも「働き方改革コンサルティング」をメニューとして掲げている企業がありますので、そういった依頼をする余裕がある企業であれば、コンサルティングを依頼する手もあるでしょう。

でも、多くの企業、特に中小企業では、そもそも人材が不足しているのだから、検討メンバーは社長か役員のみ。外部にコンサルティングを依頼するような余裕はない、ということが多いと思います。

 

 

もっと身の丈にあった解決策、身の丈ITはないの?

では、とインターネットを検索してみても、今ひとつちょうどいい情報が見つからない。
例えば、業務改善や生産性向上というキーワードで検索すると、製造現場や生産工程の話だったり、ホワイトカラーの話だったり、ツールの紹介だったりと、パシッと当てはまるものがない。

管理部門や総務部門、または情報システム部門など、本社部門で働いている方にとっては、生産性向上といえば「作業の自動化」と捉えることが多く、RPA や AI といったキーワードが気になると思います。

 

一方で、現場の状況を見てみると、こんなことが起きていませんか?

本部からの連絡確認や報告など、とにかく管理職の負荷が高く、お客様対応が遅れてしまう。

メールや掲示板の見落とし・確認漏れで、スタッフひとりひとりに連絡が行き届かない。

そもそも店舗運営で手一杯なので、日中はパソコンを見ている時間なんてない

外出、移動、打ち合わせの連続なのでずっとパソコンの前にいるわけではない

スタッフのITスキルが低いので難しいツールは使いこなせない

 

現場の方、特に現場の管理職の方が苦労されているポイントは、どうもRPAやAIといった作業の自動化、判断の高度化というアプローチで解決できる問題ではなさそうです。

 

(続きます)