配車や運送状況をリアルタイムで確認

2020.10.20
物流業界では時間や場所の確認などの多くの業務連絡が発生します。
電話でのやり取りには制約もあり、集荷や配送のミスにもつながります。
LINE WORKS を活用して迅速かつ正確なコミュニケーション環境を作りましょう。
運送管理ツールとしての LINE WORKS の 特徴
  • 配送スケジュールをカレンダーで把握できます。
  • ドライバーに確実に情報を伝えることができます。
  • 納品時間の確認や納品場所変更の連絡があった場合、迅速に対応できます。
1. 運送状況をひと目で把握
LINE WORKS カレンダーで配送情報を管理してみましょう。
配送スケジュールの見える化により、ドライバーとのコミュニケーションもスムーズになります。

ドライバー別カレンダー 

スマホで配送スケジュールのを確認

2. 道路状況や依頼内容の変更を安全に伝達
渋滞情報や目的地の急な変更があった場合も電話では連絡することができません。
そんなとき、トークで共有すればドライバーが都合の良いタイミングで安全に情報を確認できます。

トークルームで交通情報を共有 

3. 簡単に正確な位置情報を共有
集荷場所が変更された場合など、ドライバーに確実に伝える必要があります。
LINE WORKS トークで地図情報を送ることで、ドライバーがいつどこに行けば良いか正確に伝えることができます。
またドライバーが道に迷った場合も、スマホの位置情報を共有してもらうことで、正確に誘導できます。

トークルームで画像を共有 

位置情報を共有 

運送業務をスムーズにする秘訣は「LINE WORKS」にあります。