賢くシフト管理する方法

2020.09.11
従業員の勤務希望時間を取りまとめて調整する作業には非常に手間と時間がかかります。
LINE WORKS で勤務日程を管理し、引き継ぎ書を共有してみてください。
効率的なシフト管理で最適な職員管理ができるので、店舗サービスのクォリティも上昇されます。
スケジュール管理ツールとしての LINE WORKS の特徴
  • 細かな業務の変更もスマホですぐに修正できます。
  • 従業員の勤務希望時間を簡単に集計できます。
  • 直接会わなくても LINE WORKS で共有して引継ぎができます。
1. モバイルアプリひとつで予定管理
共有カレンダーやエクセルなど、複数のツールを使用しなくても LINE WORKS だけで一日の業務を管理できます。
LINE WORKS カレンダーに勤務日程を登録するとスマホでいつでも確認できるので、印刷したり確認のために移動する必要がありません。

1日の勤務日程

2. 勤務希望日をアンケートで集計
勤務希望時間の確認には時間がかかり、未回答者への連絡や集計にも手間がかかります。
LINE WORKS では勤務希望時間のアンケートを一斉配信し、集計結果も一目で把握できます。
またアンケートの回答者を確認し、未回答者に再通知することもできます。

勤務希望アンケート

アンケート回答者の確認

​3. 引継ぎ書も簡単に共有
業務に必要なマニュアルやデータを LINE WORKS Drive を使って別のシフトのスタッフに確実に引き継ぎましょう。
商品カタログ、当日の販売状況などを記録して Drive にアップロードすることができます。
また、顧客応対や業務の処理方法など、新入スタッフのためのマニュアルを投稿しておくことで、必要時にすぐに確認できます。

共有フォルダ内のマニュアル

賢くスケジュール管理する秘訣は「LINE WORKS」にあります。