医療現場で的確に対応する方法

2020.10.20
患者の命を預かる医療現場では、正確で迅速なコミュニケーションが大事です。
LINE WORKS を利用すれば、状況に合わせて適切なコミュニケーションを実現することができます。
救急業務でも安心して使える LINE WORKS の特徴
  • 救急業務に対応可能な関係者をすぐに確認することができます。
  • 患者の状態をリアルタイムで共有することができます。
  • 診療中にビデオ通話で他の医師の意見を聞くことができます。
1. 対応可能な関係者とすぐに連絡が取れる
救急患者の発生時には対応可能な医師といち早く連絡を取る必要があります。
救急スタッフのグループトークがあれば、関係者に一斉に連絡することができます。

出動可能な関係者をコール

既読メンバーの確認

2. 患者の状態変化を随時共有
救急患者の状態は刻一刻と変化するため、常に状況を把握して適切に対処する必要があります。
LINE WORKS トークを利用すると移送中にも
テキストだけでなく写真や動画を送信したり、音声通話やビデオ通話で状況に合わせて適切な方法で患者の状態を共有することができます。

リアルタイムで患者の状態を共有

3. ビデオ通話でリモート対応
他の診療科医師との共同診療が必要な場合、離れた場所にいてもビデオ通話で意見交換することができます。
外勤時に緊急対応が必要な場合でもリモートで指示したり対応することができます。

ビデオ通話で意見交換

LINE WORKS で患者が安心できる病院を作りましょう。