業務連絡や指示、相談をスピードアップ​

2020.06.22
業務連絡や指示、相談をスピードアップ

LINE WORKSは使い慣れたLINEと同じデザイン。社内メンバーの利用開始ハードルが低く、誰でもすぐに使い始められるので、すぐに業務で利用できます。パソコン、スマートフォンの両方から利用できるので、どの部署の人とも普段の会話、またメールや電話で行っているやりとりを全てLINE WORKSで行うことができ、仕事のスピードを早めることができます。

—同僚、上司部下間の連絡、コミュニケーション

誰でも簡単に使えることから利用する人を選ばないので、同僚との連絡はもちろん、上司-部下間の連絡にも利用できます。ビジネスチャットならではのスピード感ですばやく意思疎通を図れ、さらに既読確認機能で連絡が相手に伝わったかチェックできます。「スタンプ」を使うことで、仕事のスピードアップだけでなく、社員同士の心的距離も近づきます。

—部署やチーム、プロジェクト内での連絡、コミュニケーションを円滑に

LINE WORKSでは1対1のみならず、複数人でのやりとりも可能です。一つのトークルーム内で連絡、コミュニケーションすることで、複数のメンバーが同時に同じ認識を持つことができ、情報共有、意思共有の面で効果的です。目的ごとのトークグループを用意することで、「そのやりとりが何に関するものなのか」という点も認識しやすく、情報の体系化にも役立ちます。

トーク(チャット)以外にもグループ内で情報共有を行うための機能があります。ドキュメント(文字や表、写真などをまとめたもの)を作成共有するノート機能、ファイルデータを管理共有するフォルダ機能、グループのスケジュールを管理する予定機能など、トーク(チャット)を中心にさらに体系的な情報共有をすることが可能です。

こんなシーンでも役立つ「入電メモや伝言」

オフィスで働いているメンバーと外出の多いメンバーとが混在する企業では、「電話がかかってきた本人が不在」というシーンがたびたびあります。内勤のメンバーが代わりに電話を受け、メモに記載し相手のデスクに貼る、という伝達方法では、外出先では報告を見られず急ぎの場合は電話で知らせる…ということもありますよね。

LINE WORKSのトークで知らせることで、外出先でもスマートフォンから確認でき、伝達できたかどうか既読で確認できるので、効率化を図ることができます。

—社内の情報収集/意見収集などのアンケート

LINE WORKSのアンケート機能を利用すると、社内メンバーからの情報収集業務を効率化したり、メンバーの意見や考えを手間なく集めたりすることができます。さらに集めた情報は自動で集計されるので、集計作業や報告の手間も軽減することができます。

また、社内での意見調査や行事の日程調整、災害時の安否確認まで、すぐにアンケート作成できるような豊富なテンプレートがあらかじめ用意されており、さらに作成したアンケートの回答結果を csv 形式でダウンロードすることもできます。 定期的に行うアンケートは、重複回答を許可したり、毎回同じフォーマットで回答回収を行うことで、長期に渡るデータの蓄積にも役立ちます。

—会社からのお知らせや社内報、回覧板

社内全体など大人数への情報周知をする場合は、LINE WORKSのホーム(掲示板)が有効です。社内報や社内のお知らせなど大事な情報は、掲示板に投稿するとトークに通知されます。さらに「必読」設定をすることで投稿が上位に表示されるので、見逃しを防げます。 また、投稿した内容を「必読」設定すると、メンバーにはトークで通知が届きます。投稿の既読状況を確認して未読メンバーに再通知ができるため、情報の周知を徹底でき、回覧板にも活用できます。