生徒との信頼関係を構築する密着指導

2020.10.20
生徒数が増えると、講師が一人一人に接する時間は短くなります。
より良い学習効果を出せるように、LINE WORKS を使って 1:1 で密着管理しましょう
生徒のレベルに合合わせた適切な指導を提供できます。
生徒指導にぴったりな LINE WORKS の特徴
  • 1:1 でのコミュニケーションで生徒に寄り添って指導できます。
  • 出欠や成績をしっかり管理することができます。
  • 生徒の意見を反映し、より良い授業を提供できます。
1. 生徒のペースに合わせた 1:1 指導
LINE でコミュニケーションし、生徒に寄り添った形で学習指導や相談をすることができます。
状況に応じて音声メッセージを送ることで、より効果的に情報を伝達できます。
また、テンプレートを使って簡単に相談日誌を記録したり、資料として保管しておくことができます。

音声メッセージを使った学習指導 

テンプレートで生徒の相談内容を記録 

2. 出欠確認と成績管理はきめ細か
出欠や成績は保護者が最も気にする部分なので、細かく管理する必要があります。
生徒別にフォルダを作成して、出席状況や成績を保存し、一人一人のデータを管理しましょう。
生徒に合わせた細かい指導は、生徒の学習効果向上に役立ちます。

フォルダで生徒個別管理 

ノートで成績推移の管理 

3. 生徒の声に耳を傾けて授業の質を上げる
講師と生徒のコミュニケーションは、学習環境における重要な要素です。
LINE WORK アンケートを使って生徒の声に耳を傾けてみましょう。
匿名アンケートで率直な意見を集め、より良い授業のために活用することができます。

生徒の LINE にアンケートを送信

アンケート回答結果の確認 

教育環境を改善する秘訣は「LINE WORKS」にあります。