学習資料を手軽で安全に保管する方法

2020.10.20
教育業界では、過去問題集や授業テキストなど大量の資料を扱います。
また、入試情報や受講生の個人情報などのは安全に保管しなければなりません。
LINE WORK を活用すると、大量の資料を体系的かつ安全保管できるので、教育業界での競争優位にもつながります。
資料管理ツールとしての LINE WORKS の特徴
  • 大量の資料を体系的に管理できます。
  • 試験問題、生徒の個人情報など、重要な情報を安全に保管できます。
  • 授業で使う資料を共有し、講義の質を上げることができます。
1. 授業資料をより体系的に管理する
過去問や講義ビデオなど、授業で使う資料はすべて LINE WORKS グループフォルダで整理しましょう。
資料準備の手間が省かれ、講師は他の作業に時間を使えるので、授業の質を向上させることができます。
授業別、講師別にフォルダを作成し、必要な資料をすぐ探せるように整理しておきましょう。

グループトークの

授業資料フォルダ 

フォルダの資料リスト

2. 最新の入試情報や過去問を安全に保管
最新情報や過去問題集の確保は業界における競争力の強化につながります。
入試の出題傾向や合格者リストなど重要な情報はグループフォルダで安全に保管し、
特定のメンバーのみアクセスできるように権限を設定しましょう。
情報を安全に管理することで、競争力を維持できます。

フォルダに試験問題を保管 

フォルダのアクセス権限設定 

3. 講師同士の情報共有で授業の質を向上する
多忙な講師がお互いの授業を聞いて分析したり、コメントし合う時間を確保することは容易ではありません。
そんなときは LINE WORKS のグループノートに講義ビデオと資料をアップロードして意見交換することができます。
効果的だと思う説明や授業の進め方のコツをトークで共有し、授業の質を向上させることができます。

ノートで授業内容を共有して意見交換 

トークで資料を共有 

教育環境を改善する秘訣は「LINE WORKS」にあります。