授業計画を効率よく管理する方法

2020.10.20
複数のクラスを担当しているとスケジュール管理が大変ではありませんか。
受付では講師の時間割を把握したり、急な時間割の変更で空き教室を探さなければならないこともあります。
LINE WORKS を活用して講師と受講生のスケジュールを効率よく調整しましょう。
スケジュール管理ツールとしての LINE WORKS の特徴
  • 講師の時間割や教室の空き状況を簡単に把握できます。
  • 時間変更や休講の際にも柔軟に対処できます。
  • テスト期間やイベントなどの重要な予定を周知できます
1. 時間割を一目で把握する
講師のスケジュールを確認し、補講や面談が必要な際には空いている講師に連絡しましょう。
受講生の急な欠席、講師の欠勤時にもすぐにトークで連絡をとり、カレンダーの情報をアップデートできます。
緊急のミーティング時にも、空き時間の候補から素早く予定を押さえることができます。

講師ごとの時間割

カレンダーで空き時間を確認 

2. 教室や授業で使う設備はすべてカレンダーで予約する
授業を始めようとして、教室が変わっていたり授業で使う機材がなくて困ったことはありませんか?
LINE WORKS カレンダーは使用可能な教室や設備をすぐに確認して予約できます。

教室や設備の予約 

設備リスト 

3. 講師と受講生が重要な予定を見逃さないよう
月末のテストや入試説明会など、重要な予定を講師や受講生に個別に連絡しなくても、ホームで一斉周知できます。
特に徹底したい場合には「必読」設定があり、投未読メンバーには再通知を送ることができます。
メールよりも既読率上がり、確実に情報を伝えられます。

ホームに入試説明会のお知らせを登録 

未読メンバーに通知を再送信 

教育環境を改善する秘訣は「LINE WORKS」にあります。