設計から建設まで生産性を向上する方法

2020.09.11
予定された工期内に確実に工事を完了させたい場合は、LINE WORKS カレンダーでスケジュール管理してみましょう。
タスクや作業ごとに細かい工事計画を立てることができます。
また、各自工程表の確認できるようにすることで工期の遅れを未然に防ぐことができます。
工程管理ツールとしての LINE WORKS の特徴
  • 工程表を印刷する必要がありません。
  • 図面や資料をいつでも確認でき、変更内容もすぐに把握できます。
  • 進捗が一目で分かるので事前に人員や資材を配置できます。
1. 効率よく工程を管理する
工事を始める時に工程表や担当作業をカレンダーに登録し、完了までのスケジュールを管理できます。
LINE WORKSで担当作業を整理することで、重要な作業や日付別のタスクを把握することができます。
またアプリのプッシュ通知でカレンダーを開かなくてもタスクを確認することができます。

カレンダーのタスク機能

自分のタスクの確認

2. カレンダーで図面や資料を確認する
LINE WORKSカレンダーには予定を作成しておくだけでなく、工事に必要な図面、写真、資料も添付することができます。
作業に必要なデータを探す時間をかけることなく、カレンダーで参照できるので便利です。
また、スマホでも確認できるので、どこにいても図面の修正や工程の変更を把握できます。

今日の予定を確認

予定の詳細と添付ファイル

3. 重要な工程を見やすく色分け
下地作りから骨組み、内装、仕上げに至るまで現場の様々な工程を色分けして、一目で分かる形に整理できます。
工夫次第で紙やホワイトボードよりもはるかに分かりやすいスケジュール表にできます。
クライアントとの打ち合わせなど、重要な予定は特に強調しておきましょう。

月単位で工程を確認

LINE WORKSカレンダーで現場の効率も向上します!