サイボウズ Live からの移行をご検討のお客様へ

カテゴリー: グループウェア,社員ブログ [ サイボウズLive ]

(2019/3/4更新)

先日、サイボウズ Live が提供終了予定とのアナウンスがありました。
サイボウズ Live からの移行先として LINE WORKS をご検討いただくにあたり、関連情報をまとめました。
LINE WORKS

サイボウズLiveの機能に相当するLINE WORKSサービスについて

  • ユーザーの登録方法
    LINE WORKS ではテナントの「管理者」がユーザーを登録/管理して ID/パスワードを払い出します。IDとパスワードの通知はメール等で行います。
    また「ユーザーを招待」することもできるようになりました。招待用リンクは、メールやSMS、LINEなどで送信できます。

 

  • グループ
    「組織」がグループに相当するものになります。
    通常はすべてのユーザーがテナント内の全組織の参加者とチャットをすることができますが、サイボウズ Live のように所属している組織の参加者以外は見えないようにすることもできます。
    詳しくは「組織図の閲覧制限」についての利用ガイドをご覧ください。

    • 掲示板
      ホーム」という掲示板を提供しています。
      組織ごとに「ホーム」を割り振ることで同様の使い方が可能です。
    • イベント / ToDo リスト
      各ユーザーが共有カレンダーを自由に作成して共有することができます。
      (タスク管理機能はベーシックプラン以上)
    • 共有フォルダ
      グループを作成して資料を共有することができます。
    • リンク集
      ブラウザ版アプリでは全体で 6 個、モバイルアプリでは 5個の追加メニューを提供できます。また、「ホーム」の掲示板は HTML の直接編集もできますので、そこでリンク集ページを作る方もいます。

 

  • チャット
    LINEのような使いやすさの「トーク」を提供しています。

 

 

  • プロフィール
    アドレス帳」で個人のプロフィールを編集できます。

 

  • 利用環境
    iOS / Android / Windows / macOS に対応しています。それぞれの対応バージョンはこちらをご覧ください。

 

  • 利用料金
    LINE WORKS は有償サービスです が無料で使えるようになりました
    フリープランの詳細はこちらのページをご参照ください。
    全プランの詳細はこちらをご覧ください。
    お申し込みは、ページ右上の「無料ではじめる」から。

 

参考記事

 

既存データの移行について

サイボウズ Live からエクスポートされるデータを、そのまま LINE WORKS にインポートすることはできません。

LINE WORKS ではお客様によるマニュアル入力のほか、API を用いたデータ登録にも対応していますが、別途お客様によるプログラム開発が必要となります。
APIのご利用については LINE WORKS Developers をご参照ください。