myBridgeの連絡先をLINE WORKSにインポートできるようになりました

akiko.nagahashiの投稿 カテゴリー:社員ブログ []

こんにちは、マーケティングの長橋です。
LINEの名刺管理アプリの「myBridge」はみなさんお使いでしょうか?
名刺をスマホで撮影するだけで名刺情報を正確にデータ化でき、名刺情報を簡単に検索できたり、スマホでの着信時に名刺情報を表示できたりするという便利なサービスです。そのうえ無料で使えて、SNSで他のユーザーにつながるということもありません。

 

このたび、myBridgeで取り込んだ名刺データをLINE WORKSにインポートして、LINE WORKSの「アドレス帳」に追加できる機能が加わりました!
今回は、myBridgeから名刺データをLINE WORKSにインポートする方法についてご紹介したいと思います。

 

myBridgeから名刺データをLINE WORKSにインポートする方法


 

STEP1. myBridgeから名刺データをxlsファイルにエクスポートする

まず、myBridge側で名刺データをエクスポートする手順を見ていきましょう。

 

 

1. myBridgeのアプリ画面の右上の「・・・」ボタンをタップします
2. 「ファイルでエクスポート」をタップします
3. メールアドレスを入力し、「ファイル形式」をタップし、「LINE WORKS用(.xls)」を選択します。入力されたメールアドレスに、エクスポートされた名刺データのxlsファイルが送られます。添付ファイルをPCのドライブに保存してください。

 

STEP2. xlsファイルをLINE WORKSのアドレス帳にインポートする

 

続いて、メールで送られてきた名刺データ(xls)をLINE WORKS側で取り込む方法をご説明します。
※連絡先をインポートするには、PCからLINE WORKSのブラウザ版へのアクセスが必要となります。

 

1. LINE WORKSのブラウザ版Myサービスにログインし、上のメニューのアイコンから「アドレス帳」の画面を開きます。

ブラウザからLINE WORKSにログイン

 

 

2. 左のメニューから「連絡先をインポート」を選択します。
3. 先ほどメールで送られたきた名刺情報のxlsファイルを選択して、「インポート」ボタンを押します。

 

 

4. 下にmyBridgeの名刺情報が一覧で表示されます。インポートしたい連絡先をチェックして、「保存」ボタンを押します。

 

 

5. 取り込んだ連絡先情報は、「マイアドレス帳」に保存されます。「マイアドレス帳」は、自分だけが見られるアドレス帳です。LINE WORKSのアプリ側でも自動的に同期されます。

 


 

知り合った社外の方と連絡を取る際に必要な名刺情報をmyBridgeからLINE WORKSに取り込むことで、アドレス帳の管理をLINE WORKSで一元的に行えるようになります。便利な機能をぜひ使ってみてください!