プロダクト担当者に訊く。5月27日メジャーアップデートのコンセプト

2021.06.09

5月27日(木)にLINE WORKSのメジャーアップデートがリリースされましたが、どういったところが特徴でしょうか?

プロダクトマーケティング: 田記さん

ユーザーが”今”求める機能に徹底的にフォーカスしたことが特徴です。LINE WORKSでは常日頃からユーザーの声を重視したアップデートを心がけていますが、今回のアップデートでは、現在の状況下で求められる様々なワークスタイルに対応するために”今”求められる機能をテーマに機能追加を行いました。
例えば、リモートワークなどの働き方も柔軟に選択できるようになった反面、仕事とプライベートの切り換えに課題を感じる方も増えていると思います。LINE WORKSを活用しながら、同時にプライベートの確保も行いやすくなる、そんな機能改善も今回行いました。
 

メジャーアップデート特集!のBlogでも、いくつか機能が紹介されていますが、他にもユーザーにとってメリットのある機能はありますか?

今回、V3.0でリニューアルしたタスクを機能拡張し、期限が設定されたタスクがカレンダーからも確認できるようになりました。タスクとカレンダーとの連携が可能になり、日々の業務スケジュールが管理しやすくなった点が大きなメリットなのではと考えています。
関連Blog:メジャーアップデート特集!
 

まだ新しいタスク機能を上手く使えていない人もいると思うのですが、どういった点がオススメなのでしょうか?

新しいタスクには、期限の設定や依頼者/担当者の設定など、基本的なタスク管理の機能は備わっていますが、LINE WORKSならではのオススメできる点はトークとの連携です。トーク画面のメッセージの吹き出しを選択してタスクを作成できるため、会話の流れで急遽決まった用件もメモ感覚ですぐに登録できます。新しいタスクを活用することで、たとえば医療機関や飲食店、小売店など、多拠点で離れて働くメンバー同士でも業務の管理がしやすくなったという声もいただいています。
 

「今」求められる機能で追加、拡張されたものは他にもありますか?

昨今の状況下でビデオ通話を利用するユーザーが以前よりも増えていることを考慮して、ビデオ通話やステータス表示の機能拡張も今回行いました。ビデオ通話では「背景ぼかし」機能やミーティングの一括終了機能を追加、画面デザインの見直しを行っています。
また離れた拠点で働いていてもメンバーの現在の状態(ステータス)がすぐに確認できるよう、トークルームやグループ作成時の画面にもステータス表示を追加しました。

今回のアップデート以外でも、田記さんがオススメする機能があれば1つ教えてください。

2021年2月のアップデートより提供開始した、LINE WORKSとDropboxの機能連携がオススメです。両サービスを連携することで、LINE WORKSのトークから直接Dropbox内のファイルを共有できるようになりました。
LINE WORKSユーザーの中にも便利で安全なDropboxを利用している人は非常に多いと思いますので、連携によるメリットをぜひ感じていただきたいと思います。
関連Blog:Dropboxとの機能連携がさらに強化

 


 
 
 
 

これから控えている2021年度中のアップデートでも、引き続きユーザーの皆さんの声を取り入れた新機能の追加や改善を予定しています。「働く」かたちが変わりつつある現代ですが、ユーザーひとりひとりのニーズにしっかりと向き合い、LINE WORKS自身も時代の変化に柔軟なプロダクトとして、今後も成長を続けていければと思います。