【フリープラン向け】LINE WORKSで最初にやること

カテゴリー: フリープラン

ここではフリープランのLINE WORKS「管理者」として登録した方を対象に、仲間と使い始めるまでの基本の流れをご案内します。

そもそもLINE WORKSをよく知らずに登録してしまった!管理者って何のこと?という方は、先にこちらをチェック! ⇒LINE WORKSとは?

※招待(またはメンバー登録)されて始めた方には、本記事の内容はご不要です。
さっそく今いるメンバーとトークしてみましょう!

 

それでは本題です。

 

LINE WORKS を使い始める3ステップ

管理者(あなた)が、とりあえず自分に近いチームメンバーを1~3人招待してみる

 

 

アプリのガイドに従って招待番号を送るか、QRコードを読み取ってもらいます。
メンバーが加入すると、自動で管理者に「承認依頼」のメッセージが届きます。
承認が完了すると、メンバーも使い始めることができます。

 

いろいろな機能を試してみる

 

 

なんとなくわかったら、同じ組織として使いたいメンバーをどんどん招待する

 

 

ここがポイント!

「LINE」が各個人で登録してつながっていくのに対し、LINE WOKRKSはビジネスチームのためのコミュニケーションツール。

LINEのように各自が持っているアカウント同士でつながりあうのではなく、「この団体用のLINE WORKSを作りました!」という人がLINE WORKS上の「管理者」となり

仲間をあなたのLINE WORKS内に招待することから、コミュニケーションが始まります!

 

おまけのヒント

あなたのタイプはどっち?

A:

✔ 社内に新たに導入するグループウェアとして登録。PCから管理画面をしっかり使いたい
✔ シャドーIT対策、セキュリティリスク対策重視
✔ 有料プランを導入する前のトライアル

B:

✔ チームの情報共有、連絡手段として登録
✔ 仲間とのトークや情報共有アプリとして使いたい。こまかい機能は使いながらわかってくればよい
✔ 無料で使えるから登録した

Aタイプの方は、SNS・メール・QRコードによるメンバー招待ではなく、管理画面からメンバーを個別追加する方法もおすすめです。管理者がしっかりと組織のメンバー管理を行うことができます。

 

—————–

慣れてきたら、LINEユーザーや、別の団体のLINE WORKSユーザーともつながってみてください。

ぜひぜひ、スピーディでたのしいビジネスコミュニケーションを体験してくださいね!

 

関連リンク

みんなの使い方
ご利用ガイド・困ったときは