活用ストーリー:DJイベント仲間のコミュニティでLINE WORKSを利用。仲間との密度の高いコミュニケーションを実現!

カテゴリー: フリープラン [ フリープラン ]

昨年11月に発表したLINE WORKSの無料のプラン「フリープラン」は、開始以来たくさんの反響をいただき、様々なシーンでご利用いただいています。特に、お仕事用の連絡ツールとしてだけでなく、プライベートやコミュニティなどでご利用いただくことが増えてきています。

今回は、その中でも「DJイベント仲間のコミュニティ」で使っているという方のお話を聞くことができました。

お話を聞かせていただいたのは、ゲーム音楽のDJ(VGMDJ)をされているtom2さんtwitter / SoundCloud)。過去には東京ゲームショーやニコニコ超会議などに出演されたそうです!お仕事でもビジネスチャットを使っているtom2さんは、全国にいるDJ仲間との連絡にLINE WORKSのフリープランを使われているそうです。

使い始めたきっかけや、なぜLINE WORKSなのか、DJ仲間とのどんな連絡に使っていらっしゃるのかについて、グラレコ(グラフィックレコーディング=話の内容を絵や図などのグラフィックにして記録する方法)風の図解にまとめてみました。

プライバシーを大事にしたいDJコミュニティでは、時として個人のLINE以外の手段で仲間やイベント関係者、お客さんとつながりたい、という意見があったそうです。

LINE WORKSのアカウントを持っていれば、個人のLINEを使わずにLINEとつながることができるので、とても便利になったそう。エリアごとに組織を分けてメンバーを登録し、ノートやカレンダーを使ってイベント情報を共有するなど、トーク以外のLINE WORKSの機能もフルに使いこなして、仲間との密度の高いコミュニケーションを実現されています。

趣味のサークルや、セミプライベートなコミュニティできっちり情報共有したい!いつものメンバーで密度高くコミュニケーションを取りたい!という方には、とても参考になりそうな使い方ですね。

 

LINE WORKSを今すぐ使ってみたい方は、こちらからどうぞ

 

 

パソコンで LINE WORKS フリープランに登録する

(認証のために携帯電話番号をお聞きしますが、端末と紐づくわけではありませんのでご安心ください)

スマホで LINE WORKS フリープランに登録する