日本商工会議所青年部 第32回東海ブロック大会 刈谷大会にて 「LINE WORKS」を活用いただきました!

2019.12.09

2019年9月6日・7日に開催された「日本商工会議所青年部 第32回東海ブロック大会 刈谷大会」の大会準備やビジネスマッチングにおいて、「LINE WORKS」を活用いただきました。今回はその様子についてご紹介いたします。

 

 

日本商工会議所青年部 第32回東海ブロック大会 刈谷大会とは? 

 

  • 岐阜、愛知、三重の東海ブロック商工会議所青年部連合会(東海ブロックYEG)のメンバーが一同に会し、分科会や懇親会を通じてビジネス交流を行う場です。
  • 毎年、実施されており、第32回東海ブロック大会は刈谷YEG主管により、実施されました。
  • 本大会では、1700名以上のメンバーが参加し、9つの分科会が実施されました。
  • 公式サイト


導入のきっかけ

 

  • 毎年、1500名近くのメンバーが参加する大きなイベントであるものの、ビジネス交流が十分にできないという課題がありました。
  • 本大会は「LEADERS YEG ~同志と織りなせYEGの絆、新たな時代にのっ刈谷!~」を開催地テーマに掲げ、「交流を超えた交流」を目指し、それを下支えするITツールを探す中でLINE WORKSを選定いただきました。
  • LINEと同じ操作感覚なので誰でもすぐに使えることに加え、掲示板などの機能が充実していること、スマホで使いやすいことなどが決め手でした。
  • LINE WORKS導入のプレスリリース

 

主な活用方法

 

  1. 大会運営メンバーとの事務連絡
  2. 大会参加者向けの連絡
  3. プロフィール公開やビジネスマッチング

 

1. 大会運営メンバーとの事務連絡

 

活用機能:トークグループを中心にスケジュール調整や展示物などの調整

 

  • 個人単位で既読が分かるので、連絡が伝わったかどうかの確認作業が不要でした。
  • メールと異なり、用件だけで簡潔に伝えられるので、素早くやり取りができました。
  • 同じトークグループ内で共有フォルダもあるので、ファイル管理も簡単でした。

 

2. 大会参加者向けの連絡

 

活用機能:ホーム(掲示板)を利用して忘れ物のお知らせなどの全体アナウンス

 

  • 当日の急なお知らせもすぐに配信できました。
  • 掲示板にも個人単位の既読確認があり、未読の方には再通知も簡単でした。

 

3. プロフィール公開やビジネスマッチング

 

活用機能:ホーム(掲示板)を利用して参加者のプロフィール公開や自社商品のPRの実施

 

  • 自己紹介シートの掲載で参加者のプロフィールが分かり、会話のきっかけとなりました。

 

  • おすすめ商品のPRを行い、コメント欄で発注がありました。

 

イベント運営で活用してみたいという方は、こちらの記事もご覧ください。